アフターピル=プリベンの安定性の効き目

性行為で避妊が失敗した場合、72時間以内に服用し、そして残りの錠を12時間に服用することで、強制的に生理を発生させて受精させないようにする医薬品がプリベンになります。このような緊急避妊薬をアフターピルやモーニングアフターピルと呼ばれています。プリベンは日本では未承認医薬品になっており、海外の個人輸入代行業者を通してでなければ入手することができません。しかし他にもアフターピルがありますので、性行為の避妊に失敗した場合は処方してもらえます。

ただし正しく服用する必要がありますので、知識がない場合は医師の指導を受ける必要があります。また強制的に生理を引き起こさせようとしますので、女性に大きな負担が掛かってしまいます。吐き気がひどく服用後は、仕事もできなくなる女性もいるほど、強い医薬品になりますので、初めてアフターピルを服用する場合は、医師の管理下のもとで服用するようにしてください。吐き気が酷く吐き出してしまったりすると、正しい服用ができていない可能性があります。そのような時相談することができますので、初めての場合はまず医師のもとで処方されることが推奨されます。

個人輸入代行業者を利用することは、手軽に人目を気にせずピルを購入することができますが、知識がなければ失敗してしまい、リスクが生じるものです。そのことをよく認識しておく必要があります。もしものためにアフターピルを常備薬として管理しておこうと考える女性もいますが、避妊のために使うのは誤った使い方です。あくまでも緊急のための処置になりますので、常用的な避妊薬として使うことはおすすめできません。低用量ピルやコンドームを使った避妊をおすすめします。そして自身の性行為の方法を見直すことも必要です。

ページトップへ