アフターピル服用後のにきびと太り方

アフターピルは低用量ピルとは違い、一時的に使う医薬品です。
避妊を真面目に心がけているカップルでも、例えばコンドーム自体に問題が起きると、完璧な妊娠回避が出来ません。
薬局に並ぶコンドームは品質管理が行き届いており、破けてしまった製品が店頭に置かれる事はありません。
しかし、一方で男性が常にポケットやお財布などに入れていたコンドームは少々リスキーです。
ラフに扱われていたコンドームは、肉眼で見えないレベルで破けてしまっている事があり、
それを使ってセックスをした場合、ゴムの細かな穴から精液がこぼれ落ち、妊娠のリスクが出てきます。

そういった事態は、セックスを終えてから発覚しますので、アフターピルの必要性が高まります。
幸い国内の一般的な医院でも、理由を説明すればアフターピルは比較的素早く処方されます。
コンドームを膣内から取り出した時、入っていたはずの精液がまるで見当たらない、
女性器の中に精液が侵入した感覚があった、そういった心当たりがある女性はアフターピルを行為後、72時間以内に服用しましょう。
そのタイムリミット内であれば、九割を超える妊娠の回避が可能だからです。

そして最後にアフターピル服用後に表れる体調不良についてです。
アフターピルの副作用として頻繁に挙げられるのが、頭痛や吐き気、倦怠感、理由もなくイライラする気分等です。
またアフターピルはバイオリズムを言わば人為的にコントロールする作用もありますので、
女性によっては一時的ににきびが増える、体がむくみ太ったような変化が生じます。
また体調不良から逆に食欲が突発的に増加し、いわゆる食べ過ぎ状態になるケースもありますので、アフターピルを飲んだ後は暴飲暴食を注意しましょう。

ページトップへ