アフターピル服用でホルモン分泌増加と堕胎

アフターピルは、性交渉を行った際に避妊をあらかじめしなかったり、コンドームを使用していても妊娠する恐れがあるときに、最長で72時間以内に服用すれば妊娠を回避できる緊急避妊薬です。

継続的に服用するタイプの低用量ピルとは異なり、アフターピルにおける女性ホルモンの含有量は非常に多く、それが体内に入ることによって人工的に子宮内膜をはがして着床させないようにしますが、ピルを飲むことによって体内の分泌量が増加するわけではありません。

ただ、体内の女性ホルモン量が増えることで体が妊娠に近い状況を作るとされています。

アフターピルを飲むことで体内に女性ホルモンの量が急激に増加するため、頭痛や腹痛、吐き気や嘔吐などの激しい副作用が起こることがあります。

特に嘔吐については、1錠目を飲んだ時に吐いてしまうと薬の効果が得られなくなってしまうので注意が必要です。

服用後、早い人では1~3日のうちに、遅い人でも3週間の間に消退出血と呼ばれる出血が出ることがありますが、それが見られるということは妊娠を回避できたことになります。

しかし、3週間を過ぎたのにいつまで経っても出血が見られない場合には妊娠している可能性が高いので、早めに婦人科を受診するようにしましょう。

アフターピルの服用後、2~3か月は生理周期が乱れているので、その期間に避妊をしないでセックスをすると妊娠する確率が高いので気を付けるようにしましょう。

ただ、アフターピルは子宮に着床するのを防ぐための薬なので堕胎薬ではありません。
妊娠が発覚してから飲んでも効果がないので、子供が欲しくない場合には婦人科に相談するようにしましょう。

また、アフターピルを服用することでの胎児における悪影響を心配する人もいますが、妊娠するとアフターピルの10数倍上のホルモン分泌の増加が行われますので、アフターピル程度のホルモン量はあまり影響がないとされています。

ページトップへ