アフターピル100%妊娠を回避できるわけではない

まず、アフターピルとは何なのでしょうか。ピルというのは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)を主成分とした避妊するため、生理を軽くするための薬です。中でも、アフターピルというのは、妊娠してしまう可能性があり緊急で避妊したい場合に処方して貰うものをいいます。いったいどれぐらいの効果があるのでしょうか。おおよそですが、99%ほど避妊できます。ただしこれは性行為から72時間以内に服用した場合の数値です。単純計算にはなりますが、きちんと処方通りに72時間以内にアフターピルを服用したとしても100人のうち1人は妊娠してしまうのです。早急であれば早急であるほどに妊娠を回避することができます。72時間を過ぎてしまうと妊娠してしまう確率が上がります。ではなぜ、100%避妊できないのでしょうか。まず1つ目にアフターピルを飲んだ直前の性行為ではなく1回前の性行為の時点でもう妊娠していたという可能性があります。2つ目に、アフターピルを飲む前に受精が完了してしまった可能性が考えられます。射精から受精までは72時間以内に起こりますが、72時間のうちいつ受精するかは排卵しているかや、精子の遊走によって異なります。このため、72時間以内であっても受精が完了してしまい、そこから1週間~10日ほどかけて着床に至るので、その間にピルの効果が薄れてきてしまい子宮内膜が着床できる状態になってしまうということがあります。3つ目に、ピルの効果が薄れてしまい効果不足になってしまった可能性があります。ピルの副作用として吐き気が現れることがあります。服用後2時間以内に吐いてしまった場合、ピルの成分も吐き出してしまうため効果が薄く、妊娠を回避できなくなってしまうことが考えられます。以上のような可能性があるため、アフターピルは100%妊娠を回避できないのです。

■ホルモンをコントロールしてくれる成分
エチニルエストラジオール

ページトップへ